SOLUTION & SERVICE データセキュリティ マルチメディアセキュリティ

マルチメディアセキュリティ

Total Cyber Security Provider “TERUTEN”

お問い合わせ : 050-6865-6060 E-mail : global@teruten.com

MediaSehll4とは?
T-MediaDRM

MediaShellは、動画の不正コピーや流出を防止し、著作権を保護する 「動画コンテンツ保護ソリューション」 です。
T-MediaDRMはモバイルやPC、両方に対応でき、コンテンツの保護のためにコピーやキャプチャーの防止機能、ウォーターマーク機能などを提供しております。

製品導入の必要性

最近スマートウォンやタブレット、PCから動画を見る場合が増加していますが、これに伴うコンテンツの不正流通の手法も多様化しています。
無分別なコンテンツの不正流通を遮断し、著作権の保護のためにテルテンのT-MediaDRMが必要とされています。
MediaShell 4は、有料サービスモデルである音楽や動画、映画などのマルチメディアコンテンツサービスに適用できます。

製品の機能と特徴
  • 暗号化

    동영상

    動画

  • ダウンロード/ストリーミング

    서비스 페이지

    サービスページ

  • 複号化/再生

    PC

    PC

    Mobile

    Mobile

暗/復号化

動画コンテンツのPrepackaging暗号化/Real Time暗号化

コンテンツの復号化

ダウンロードと再生

ストリーミング/ダウンロード

Player提供

モバイルアプリケーソン製作

コンテンツ保護

画面キャプチャー防止、HDMI制御、ウォーターマーク機能など

セキュリティポリシー設定

再生端末、再生期間設定、再生回数制限などの設定

CMSと連動

CCTV動画保護ソリューション T-MediaDRM CCTV

お問い合わせ : 050-6865-6060 E-mail : global@teruten.com

T-MediaDRM CCTVとは?

T-MediaDRM CCTVは、CCTV動画の搬出時に不正流出を遮断する 「CCTV動画保護ソリューション」 です。 CCCTV動画を暗号化してUSBや外部ハードディスクに保存した後、セキュリティポリシーを設定すると、ライセンスが終了する場合にはコンテンツの再生ができなくなります。また、ウォーターマーク機能とプライバシー保護のためにマスキング処理機能、ウェブ基盤の管理者ページも適用しています。

製品導入の必要性

CCTVの導入増加により、個人情報流出の脅威も同時に増加しています。

- CCTVが事故の確認や、事故が起こった際の犯人追跡に決定的な役割を果たすことにつれ、特に流動人口が多い地益を中心にCCTVの設定が急増しています。 - 最近は、CCTVをより多様な場面にも適用: 病院の手術室、学校、交通管理、社会安全網の管理や盗難防止用、災害防止用、大型マートの顧客パターン分析用にも使用されています。 But! 1. CCTVの映像を改ざんした場合、捜査に重大な影響を及ぼす 2. 映像の流出時に深刻な個人情報の流出をもたらす 3. 映像の搬出時にマスキング処理されてない動画は個人のプライバシーを侵害する可能性がある
製品の機能と特徴
1.搬出を要請 - 搬出媒体を選択 - 搬出する映像を選択 2.映像セキュリティ - 暗号化 - セキュリティポリシー設定 (ライセンスやウォーターマークなど) 3.映像搬出 - 映像の復号化と閲覧 - ポリシーによって映像を破棄 4.映像情報の管理 - 搬出履歴の照会 - 統計機能 - 搬出管理記録
映像の暗号化

搬出の承認後にCCTV映像を暗号化

AES256 bit、TEA暗号化アルゴリズムを用いた暗号化

映像のポリシー設定
ウォーターマーク(透かし)

搬出映像のライセンスポリシー設定: 期間、回数など

映像のセキュリティのためにウォーターマーク(透かし)処理

On/off line DRM機能

データ流出防止

映像の改ざん防止

ライセンス修了時に使用(再生)禁止

ウォーターマーク機能により映像のソース確認可能

プライバシーマスキング

個人のプライバシーを保護するために特定の領域の自動マスキング処理

搬出映像の管理

Webベースの映像搬出の管理(搬出要請、承認など)

搬出履歴の照会と統計機能

닫기